さくらさくらんぼ保育

まずは周りの全ての人に
『自分を知るヨガ』を知ってもらいたい

今朝もサムサーラブログを読んで頂き
ありがとうございます
ーーーーーーーーーーー
斎藤公子メソッド
さくらさくらんぼ保育の保育園に
娘を通わせていた

この保育園で学ばせて頂いたのは
・「生きる力をつける」こと
・親の都合ではなく子どもの都合
・親ができるのは「待つ」こと
・心を育てる
などなど
月1回の勉強会もあり
親も勉強しながら子育てを学んだ

保育園独特の子育てが多くあった
・0歳児でもおむつはしない
普通のパンツで過ごす
おむつは親の都合
・おやつは野菜スティックや玄米おにぎりなど
白砂糖を取りすぎないこと
虫歯予防
・テレビは見せない
脳の配線をシンプルで太くするため
・早寝早起きの徹底
・小学校にあがるまでは習い事や字を教えることはNG
などなど
まだまだ書き切れないが
子どもの発達を考えた子育て
(もちろん賛否両論はある)

その園に五重苦の子どもがいた
ヘレンケラーは三重苦
それプラス歩けない手が自由に動かない

その子どもが卒園するときには
歩けて笑って少し声がでるように!!!
笑えるってこの子にとって
奇跡くらいすごいことらしい

五重苦の子どもでも
これだけの発達をすると言うことは
普通の子どもであれば
どれだけのメリットがあるのかと。。。

この奇跡をおこした子育ての中に
保育園に着くと順次
体操マットを巻き付けたドラム缶の上で
マッサージをしてくれていた
五重苦の子どもにも
常に四肢のマッサージをしていた

なぜ急に保育園の話を書いたかと言うと
14年前にヨガに来てくれていた生徒さんと再会した
その生徒さんに
私がこの保育園を勧めたそうで
その保育園に息子さんを通わせたとのこと
一生懸命だったあの頃を思い出したから

生徒さんにまで勧めていたのだと
自分でも驚いた!

私自身も娘をこの保育園に通わせたことは
良かったと思っている
ーーーーーーーーーーー
健康で気持ちよく 物事がスムーズにいく
一日となりますように

 

PAGE TOP