ミトコンドリア不老術

今朝もサムサーラブログを読んで頂き
ありがとうございます
ーーーーーーーーーーー

『ミトコンドリア不老術』より抜粋いたしました

ーーーーーーーーーーー
ヨガは心身に効く

アンチエイジングにとってどんな運動がいいのでしょうか。
まずにヨガが挙げられます。
ヨガはポーズと呼吸法から成り立っています。
いくつものポーズがあり、そのポーズの姿勢を維持するのです。
誰もがすぐにできるというポーズではありません。
ましてやその辛いポーズを維持し続けることはたやすくありません。

どうしてなのでしょうか?
それは普段使用していない筋肉を使用するからです。
長年筋肉を使わないでいると、次第に関節可動域も狭くなっていく筋肉の状態がうかがえます。
そのような筋肉を使うからポーズの維持が辛いのです。
また関節にも筋肉が付いておりその筋肉が使用されないとやはり硬くやせた筋肉になってくるのです。

ではどうしてヨガがアンチエイジングにいいのでしょうか?
ヨガの効果はメンタル面とボディメイク面の大きく2つが挙げられます。
メンタル面がアンチエイジングによいことも分かりますし、
ボディメイク面もメタボリック予防面からアンチエイジングによさそうです。
しかし、ここでは有酸素活動をおこなう筋肉という全く異なった側面からヨガとアンチエイジングについて考えてみたいと思います。

ヨガでインナーマッスルを鍛える
ヨガで使う筋肉は姿勢をよくする筋肉であり、有酸素活動をおこなう遅筋です。

体の部位でいうと、手足の筋肉は走ったり投げたり、獲物を捕えたり、獲物から逃れたりとそれこそ瞬発力で行動しなければなりません。
そのため手足の筋肉や体表面の筋肉はどちらかというと無酸素活動が得意な速筋でできています。

一方、いわゆるインナーマッスルといわれる体の内側の筋肉は有酸素活動の得意な遅筋でできています。
背骨をつなぎ止めたり、骨盤をつなぎ止めたりする筋肉は姿勢を維持するための筋肉であり、瞬発力は必要ありません。
ヨガの姿勢ポーズを維持することは持続力のいる仕事であり、これこそ有酸素活動の得意とする分野です。
ポーズと呼吸法で酸素を取り込む運動をせず、ソファに寝そべっているだけなら、
宇宙飛行士のようにインナーマッスルは急激に衰えてしまうでしょう。

私は老化とは「ミトコンドリアの機能低下と数の低下によるエネルギー不足」と考えています。
アンチエイジングのためにはミトコンドリアを使いこなしエネルギー不足を解消することです。
つまり出来る限りの有酸素活動をすることなのです。

インナーマッスルに有酸素活動をさせるヨガは、アンチエイジングにとって最適の有酸素運動といえます。
動きが少ないとどうも運動をした気になりませんが、筋肉が収縮し続けることはものすごい運動量になるはずです。
それでも有酸素活動は乳酸を作りもためもしませんから、疲れることもあまりありません。
疲れるということはミトコンドリアが作り出すエネルギーがまだまだ少ないということです。
酸素も足りないのかもしれません。
しかし鍛えることは可能です。
マラソンなどの有酸素運動をしていると、今までしんどかった距離がなんともなくなってくることはよく経験されることです。

そして、ヨガはその呼吸法も大きなポイントです。
酵母菌の実験でプドウ糖が少なく酸素が多い条件のときにミトコンドリアが増加すると述べました。
ヨガの呼吸法は酸素を多く取り入れるための呼吸法ともいえます。
ヨガは呼吸法で取り入れた酸素を使って、特徴のあるポーズを維持することで、
筋肉のミトコンドリアを鍛える、または増やせる、アンチエイジングのための運動といっていいでしょう。

瞑想でエネルギーを充電
また、ヨガには膜想という行為があります。
精神修行的な趣がありますが、私はこれもミトコンドリアの側面から見ると非常に興味深いものが見えてきます。
瞑想のポーズをとり、呼吸を整える、すべての精神は無の境地にする。
この膜想こそ最高のアンチエイジングの運動なのです。

先ほど述べたようにポーズは有酸素活動の得意な遅筋を緊張させることです。
呼吸を整えることは、深い腹式呼吸をすることで酸素を多く取り入れることです。

すべてを無の境地にするとはいったい何を意味するのでしょうか?
私は使わない他の筋肉の弛緩を意味するのではないかと考えています。
ポーズを維持する以外はすべてが弛緩しているということです。
このときインナーマッスルで作られたエネルギーは他の動作をはじめ、
いかなる生命活動にも回されずに何にも費やされることがありません。
体の奥深い所でエネルギーが充満している状態なのです。

つまりヨガにおける瞑想とは、運動エネルギーとして消費されることなく、有酸素活動によってエネルギーが充電され、
体の隅々のエネルギーが足りないところに充分に行き届いている状態です。
そしてエネルギーが満ち足りていることから、体温も上昇し、免疫力もアップします。
そして余ったエネルギーは老化を防ぐことに回されます。
こうした最高の状態が限想のときなのです。
ーーーーーーーーーーー

 

ヨガを続けていくとヨガをした後
疲れるのではなく 逆に疲れが取れ
ひと仕事しよう!というのがヨガです

 

ミトコンドリアの研究からみてもヨガの素晴らしさを
立証して頂けているのは有り難いことです

 

ヨガで細胞の中にあるミトコンドリアまでも増やしていくことができます
ヨガで細胞一つ一つを元気にしていくことができます

 

ヨガの素晴らしさを一人でも多くの方に伝え
心と身体の健康に役立つヨガを一緒に続けていきたいです

ーーーーーーーーーーー
健康で気持ちよく 物事がスムーズにいく一日となりますように

PAGE TOP